ふるさと青汁でニキビを治す

ふるさと青汁でニキビを治す

ふるさと青汁でニキビを治す

食事は毎日摂るものなのでニキビに大きな影響を与えます。
食べ物の中にはニキビを悪化させるもの、ニキビの予防に役立つものがあります。どういった食事をするとニキビを改善できるのでしょうか。

 

私はふるさと青汁という青汁を飲んで綺麗な肌を手にいれることができました。

 

ニキビを悪化させる食事

 

糖質や脂質は重要なエネルギー源で生きていくために大切なものです。しかし、過剰摂取はニキビを悪化させます。

 

糖質や脂質を過剰摂取すると、交感神経が刺激されて皮脂分泌が活発になります。過剰に分泌された皮脂で毛穴がつまりニキビを作ります。ニキビの原因のアクネ菌は皮脂が大好物です。毛穴にたまった皮脂をもとにアクネ菌が繁殖すると、炎症を起こした赤ニキビに発展します。

 

甘いお菓子、パン、ファストフードばかり食べていませんか。こういった食事は糖質と脂質を多く含んでいるので、続けているとニキビができやすくなります。

 

肌の生まれ変わりにはタンパク質が必要です。タンパク質が不足するとターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積します。たまった角質で毛穴がふさがれて、毛穴内部に皮脂がたまります。タンパク質が不足すると免疫力が低下するので、ニキビの原因に対抗する力が低下します。

 

皮脂分泌をコントロールしているのがビタミンB2やB6です。ビタミンB2とB6の摂取不足や消費が多いと皮脂分泌が活発になります。

 

ニキビを改善する食事

 

血糖値を急激に上昇させる食事は、インスリンの分泌を促します。インスリンは男性ホルモンを増やす作用があり、皮脂分泌を活発にします。血糖値を急激に上げない玄米や全粒粉パンなどGI値が低いものから糖質を摂取します。

 

脂質には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸の過剰摂取は皮脂分泌を活発にします。不飽和脂肪酸のオメガ3はターンオーバーを正常にし、乾燥肌を防ぐ役割があります。クルミ、青魚、亜麻仁油に多く含まれています。熱に弱いので亜麻仁油はサラダにかけて生で食べるのがおすすめです。

 

皮脂分泌をコントロールするビタミンB2は卵、レバー、乳製品、ビタミンB6はかつお、まぐろなどに多く含まれています。

 

野菜が苦手でなかなかとれないという方は明日葉を原材料としていて栄養価が非常に高いふるさと青汁をご利用になってみてください。私はふるさと青汁でニキビを治すことができました。味もそれなりにおいしいので続けられると思いますよ。

 

市販の青汁と比べるとちょっと価格が高いのが難点ですが^^;