人参をたくさん食べると、老化、動脈硬化、がんなどに対して効果が期待

人参をたくさん食べると、老化、動脈硬化、がんなどに対して効果が期待

人参をたくさん食べると、老化、動脈硬化、がんなどに対して効果が期待

私は、以前勤めていた会社で野菜ジュースを取り扱っておりました。その会社の野菜ジュースで主に使われていた野菜は人参でした。

 

その当時でもスーパーやコンビニに行けば様々な種類の野菜ジュースが売られており、我が社の野菜ジュースを買って頂くにはどうすれば良いか思案しました。そこで思い付いたのが、人参をたくさん摂取することで体にどのような良い効果が表れるかをまとめたチラシを配布することでした。すると調べていくうちに人参には予想以上に体に良い効果があることが分かり、結果として野菜ジュースの売り上げを伸ばすことができました。以下はそのときに調べたことをもとにまとめた文章です。(配布したチラシの記事ではありません。)

 

人参の体への効用を理解するためには、まず活性酸素について知る必要があります。活性酸素とは、呼吸する際に酸素を取り込むと必ずできる物質です。呼吸によって取り入れた酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。活性酸素は適度に発生すれば体にとって良い働きをしてくれます。体内に侵入した細菌などを排除する働きはその代表的な例です。しかし活性酸素は紫外線やストレスなどにより過剰に発生してしまうと体にとって良くない影響を及ぼします。

 

老化、動脈硬化、がんなどがその代表例です。次に人参の話ですが、人参はβ‐カロテンという物質を多量に含んでいます。このβ‐カロテンという物質が、活性酸素の除去、抑制に非常に効果があるのです。ですから人参をたくさん食べると、老化、動脈硬化、がんなどに対して効果が期待できるという訳です。その他、人参には食物繊維が多く含まれているため便秘解消や整腸に効果があります。

 

最後にその摂取方法ですが、いくら体に良いと理解できている食材でも毎日たくさん食べるのは現実的には不可能です。そこでお勧めしたいのがジュースを利用するという方法です。この方法ですと一度にたくさんの人参でも摂取することが可能です。以前よりも人参が魅力的に見えてきたのではないでしょうか。