青汁を選ぶときのポイント

青汁を選ぶときのポイント

青汁を選ぶときのポイント

青汁には野菜のビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、外食や加工食品などをよく食べる方、野菜不足が気になる方をサポートしてくれます。健康への意識が高まり、さまざまな青汁が販売されています。いろんな製品があるとどれを選んだらいいのか迷いませんか。いい加減に選んでも青汁の効果を得ることはできません。どうやって選べばいいのでしょうか。

 

使用している野菜

 

青汁といってもいろいろな野菜を使用しています。使う野菜によって青汁の栄養価が違います。

 

よく使われるのがケールや大麦若葉です。ケールはスーパー野菜ともいわれている栄養価が高い野菜です。大麦若葉もカルシウム、マグネシウム、食物繊維など多くの栄養を含んでいます。ケールや大麦若葉を使用した青汁は栄養価が高く、野菜不足の解消に役立ちます。

 

淡色野菜は緑黄色野菜に比べると栄養価が低いです。キャベツ、大根、白菜、キュウリなどが淡色野菜です。緑黄色野菜の使用量が少なく淡色野菜ばかり使っている青汁は栄養価が低い傾向があります。どんな野菜を使用しているのか確認しましょう。

 

栽培方法

 

青汁は毎日飲むことで健康に役立ちます。健康のために毎日飲むものなので安全面に気をつけたいですよね。

 

農薬や化学肥料を与えて栽培された野菜を原料にしている青汁は、残留農薬の心配があり毎日口にするのが心配です。青汁は濃縮されているため、普通に野菜を食べるよりも農薬を大量に摂取してしまう可能性があります。

 

オーガニックの野菜なら残留農薬の心配が少なく安心して口にできます。中国のオーガニックは一部の農薬を使用していることがあるようです。国産オーガニックが安心できます。

 

おいしさ

 

続けるためにはおいしさが大切です。実際飲んでみないとわからないので、お試し用があれば小さなサイズを試してから選んでみましょう。

 

口コミを参考にすることもできます。人それぞれ好みが違うので他の人がおいしいという青汁が合わない可能性もありますが、ある程度の参考になります。