薄毛を改善できるいちばんの注目野菜にんじん

薄毛を改善できるいちばんの注目野菜にんじん

薄毛の悩みにはにんじんが効く!

 

いつの間にか頭頂部が薄くなっていることに気づいて、あれこれと育毛剤を買いに走ったりしたことはありませんか。

 

 

薄毛というのは過剰な男性ホルモン、ストレスの積み重ね、頭皮の雑菌や汚れが原因になったりと原因は色々です。しかしにんじんを食べていることによって、抜け毛を止めたり頭皮の状態を改善することができるのをご存知でしたか。これからは薄毛対策には、にんじんを食べて行きましょう。

 

どんなにんじん成分が薄毛に効くのか

 

にんじんの栄養では、癌を抑制したり治すといわれるβカロテンが注目されています。野菜の中でもカロテンの王さまと言えるほど、カロテンたっぷりなのがにんじんです。カロテンは体内でビタミンAとなりますが、なにより髪の毛の成長を促す物質なので、毎日のにんじん不足は薄毛にとっては致命的です。ビタミンAは、体を酸化することから防ぎます。ストレス過剰になると体が酸化して癌になったりしますが、ストレスの多い生活のかたや、頭皮の皮脂が多くて薄毛という人にもうってつけです。よく薄毛の人は頭皮が乾燥していて、フケが多いなんていうこともあります。ビタミンAは頭皮の乾燥した状態も改善することができます。ビタミンAは全身の血行を高めてくれるから、弱っている頭皮の毛細血管の血流を多くして、頭皮にうるおいを与えることができます。体が温まることにつながるから、薄毛を食い止めることにつながります。

 

にんじんは皮ごと食べて薄毛改善

 

βカロテンが特に多く含まれているのは、にんじんの皮の部分なのです。だから皮はむいて捨てる調理法をしているお宅は、基調なβカロテンを捨てていることになります。皮を捨てず、生野菜なら、千切りにしたりすりおろしたりといった調理法にしましょう。スープや煮物にするにも皮ごと使ってあげます。にんじんジュースならば、手軽に飲みやすいでしょうから、忙しい人におすすめの薄毛予防法にできます。